【おすすめどんぶり】一人暮らしの簡単丼!時間がないとき面倒なときに美味しくて簡単などんぶり3種(男メシ編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、レオンです。
今回は『一人暮らしの簡単丼』のご紹介です。

読んで字の如く、簡単に手軽に出来るどんぶりをいくつかご紹介します。

今回は『男メシ』をテーマに、カッコつけない豪快なレシピを書いていきたいのですが
女性の方にも試してほしいです。

家で一人で食べるなら周りの目も気にしなくていいですしね。

スポンサーリンク

三色納豆丼

僕が小学生の時に給食で三色納豆というメニューがあったのですが
これがまた美味しくて大好きだったので、個人的に試してみました。
『三色納豆』というメニューでしたが、実は四色なんですよね。
お気になさらず。

材料(一人前)

・納豆(1パック)
・ベビーチーズ(2個)
・ハム(1~2枚)
・海苔(適量)

作り方

1.チーズとハムは5㎜角くらいがいいのですが、そこはあまり神経質にならず、納豆1粒と同じくらいの大きさにカットします。

2.納豆を混ぜる。

3.最初に切ったチーズとハムを入れて、さらに混ぜる。

4.ご飯に乗せて刻んだ海苔をかけたら完成。

万能ねぎを刻んでかけると、さらに美味しくなります。
ですがそうなると、いよいよ五色丼になってしまいますが
そこは『ご愛嬌』ということで。
味付けは、納豆にもともと付いているタレで充分です。

スポンサーリンク

サバの水煮マヨ丼

サバとマヨネーズとめんつゆの素敵なハーモニー。
見た目こそ決して良くはありませんが、とても美味しいメニューです。

材料(1人前)

・サバの水煮缶(1缶)
・マヨネーズ(適量)
・めんつゆ(適量)
・海苔(適量)

作り方

1.サバの水煮をほぐします。

2.ご飯に、ほぐしたサバの水煮を乗せて、マヨネーズを回し入れ、めんつゆを適量かける。

3.最後に刻んだ海苔をふりかけて完成です。

水煮缶の汁は捨てるのはもったいないので豪快に入れちゃいましょう。
水気があると、さらさらっと食べられますし、器にご飯がこびりつきにくいので洗う時に楽。

水煮缶といっても多少の塩気はありますし風味もあります。
既にマヨネーズで味も付いていますので、めんつゆは『香りづけ程度』で充分です。
最初にも書きましたが、見た目は良くありませんが、かき混ぜても美味しいです。
部屋で一人での食事ですから大事なのは美味しさです。

スポンサーリンク

超簡単豚しゃぶ丼

簡単ヘルシー、且つガッツリ食べたい時におすすめの豚しゃぶ丼。
もはや間違えようがない美味しさです。
作り方もとても簡単です。

材料(一人前)

・豚肉(120グラム)
・かいわれ、または水菜(適量)
・ポン酢(適量)

作り方

1.豚肉を茹でる。

2.豚肉を茹でている間に、かいわれに水を通してほぐしておく。(水菜を使う場合は食べやすい大きさにカットする)

3.ご飯に茹で上がった豚肉を茹で汁をよくきった状態で乗せ、かいわれ(または水菜)を乗せてポン酢をかけて完成。

豚肉はしゃぶしゃぶ用がベストですが、細切れでもいいです。(細切れは安いですし、茹でる時にほぐしやすい)
茹でる時にフライパンを使うと時短になります。
豚肉の量はあくまでも目安です。
沢山食べたい方は200グラムでも300グラムでもどうぞ。
お好みで七味をふりかけても美味しいですよ。



まとめ

今回は3種類ご紹介しました。
家にある材料を考慮して挙げてみました。
冒頭でも書いた通り、今回は基本的に男メシをテーマに書きましたので
見た目こそあまり良くないかもしれませんが、おすすめの簡単丼です。
たまにはそんなどんぶりもいいじゃないですか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
料理レシピ
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント