【一人暮らしに必要なもの】新居で最初に揃える物(キッチン編)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、レオンです。
さて、カテゴリー『部屋を借りよう』にて実際に部屋を借りるまでと、その注意点や重要点についてお話をしてきました。
(追記については、その都度更新していきます)

このカテゴリーでは「一人暮らしを始める上で最初に必要な物」について書いていきます。

初級編です。

まず最初に最低限の最低限。
これだけは失敗しないでくださいという意味も込めて僕の失敗談からお話をします。

スポンサーリンク

自分の動きに合わせ、引っ越しの荷物を届くようにした

当たり前の話なのですが、僕は失敗しました。
皆さんが失敗しないためにも語りましょう。

情けない話になります。
引っ越しの際に、僕が引っ越し日に確実に届くようにした物が以下の通りです。

・掛け布団、毛布
・キッチン用のラック
・テレビ、レコーダー
・パソコン
・PS3
・冷蔵庫
・電子レンジ
・トースター
・炊飯器
・衣類

これだけです。




本当はベッドも届くはずだったのですが
新しく注文した物なので
正確には『引っ越しの荷物』ではなく
配送先を新居に指定しただけの『買い物』だったんですね。

急に配送の都合上、引っ越し当日に届かないということになりまして
「大きな物だし仕方ないか」と、のんびり考えていましたが季節は冬。
フローリングで直に寝るのは冷える!

結局、毛布を1枚敷いて毛布と掛布団を掛けて寝ました。
人生で毛布にサンドイッチされたのは後にも先にもあの一度きりです。

皆さん気を付けてくださいね。

入居初日、部屋に着いたのが夕方で
ガス屋さんが点検・確認に来るのは分かっていましたし
大家さんにも挨拶しようと思っていたので
あんまりバタバタしたくなかったのもあります。

家具類は自分の好きなものを揃えようと思っていたので
間取りを考慮しながら新居から注文すると決めていました。

少しの間くらいテーブルが無くたってご飯は食べられますからね。
チェストとかに入れるような物もまだ無いですし。

調味料や調理器具は現地で買う。
食器類は一人暮らしなので多くないですし
あらかじめ用意して運んでもらうほどじゃない。
故に現地調達です。(100均で充分)



『必要な時に必要な物を買う』

これが無駄な出費を避けるコツです。
本当に必要な物は、必要な時に自分で分かる時が必ず来ます。

それにお世辞にも広いとは言えない部屋。
要らない物は置きたくないのです。

最初の買い物

いつまでもコンビニ弁当という訳にはいきません。



まずは調味料

・醤油
・塩
・コショウ
・ソース
・ポン酢
・本だし(顆粒だし)
・めんつゆ
・バター
・サラダ油

最初の一歩としてはこれくらいあれば充分。
めんつゆとポン酢は万能です。
バジルとガーリックパウダーがあれば尚良し。



次に食器類

・皿(平皿、少し深めの皿)
・どんぶり
・お椀
・箸
・コップ(飲み物用、歯磨き用)
・水切りかご

これで充分です。
来客用に紙皿、割り箸、紙コップの用意も。



そして調理器具

・ざる&ボール(セット)
・包丁
・まな板
・フライパン
・鍋(蓋付)
・サランラップ
・アルミホイル

水切りかごとフライパンと鍋以外は100均で売っていますし
一通り見て、必要な物は追加してください。
パスタをレンチンで茹でられるグッズは評判良いですよね。

それと大切なことが一つ。

フライパンは良いものを使ってください。
『安かろう悪かろう』が顕著に表れるのがフライパンです。
安いものはすぐに表面加工が剥がれて焦げます。
少々高くても良いものを買うことをおすすめします。



IHクッキングヒーターならばIH対応か非対応か確認するのも忘れずに。



まとめ

今回の大事なところは

・大体は100均で揃う
・めんつゆとポン酢は万能
・フライパンは高くても良いものを

この3点ですね。
個人的にはこの中でも「めんつゆ」「高いフライパン」を忘れないでほしいです。
特に、めんつゆはいろんな料理に使えるので是非常備していただきたい。

次回は『生活用品』について書いていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
一人暮らしで必要な物
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント