引っ越しは「自分でやる」のと「業者に頼む」のは、どれくらい費用が違う?

スポンサーリンク
スポンサーリンク


こんにちは、レオンです。

受験シーズン真っ只中!
進学のほか就職など、4月からの新生活に向けて引越しを控えている方が多い時期です。

引越しといえば業者を利用するのが当たり前でした。
しかし、今はレンタカーを借りて、自力、または友人や家族に手伝ってもらい引っ越す人も増えています。

近場なら軽トラを借りて自力で引っ越し作業をした方が費用的に安価で済むのですが、遠方だとなかなかそうもいかない。
業者の頼めば楽だし、引っ越し先の壁などに傷がつかないよう慎重に搬入してくれます。

大変でも安さを選ぶか、お金を出して安心して楽に運んでもらうか。

世の中の人達はどうなのでしょう。
そこで興味深い調査結果があったので、ご紹介を。

スポンサーリンク

引越し専門業者に頼む人と、自力で引っ越しをする人の割合


引っ越し経験者のみなさんが引越し手段を決める際に、まず最初に何から始めるのか。
それは「調べる」ことです。

引っ越しの際に最初にどのようなことを調べたか

1位:料金比較
2位:業者の良し悪し
3位:梱包方法・運搬方法
4位:口コミ
5位:当日の運搬時間




新居が決まると、敷金・礼金はもちろん、家具や家電、生活用品を揃えなければなりません。
新生活を始めるにはかなりの費用がかかります。
少しでも費用を抑えて引越しをしたいと考える人が多いのは当然です。

引っ越し価格ガイドで格安の引っ越し業者をチェックする!

スポンサーリンク

どのような引っ越し方法をしたことがあるか

1位:引越し専門業者(61.0%)
2位:自力(22.0%)
3位:運送業者(8.1%)
4位:友人知人(7.9%)

引越し専門業者に頼むのが多いのは予想の通り。

しかし「自力」が2割以上あるというのが凄い!
全部自分一人でやりのけるパワーはどこから湧いてくるのでしょうか・・・。

「自力」と「友人知人」を合わせると、3割近くが自分たちで引っ越しをすること判明。

運送業者を利用してみる

上記ランキングの3位、「運送業者」というのは、洋服や電子レンジやテレビなど運送業者規格内の小さな家電を段ボールで新居へ発送する方法。
僕もやったことがあります。
そして、大きな家具家電を現地で揃える。

これも一つの手段です。

最近では家具家電レンタルサービスの利用者が増えています。
買った後に「必要なかった」とか「サイズ感が合わなかった」ということをなくし、必要なものが明確にわかる。

「買いたいけど、どうなんだろう」という悩みも、実際に使ってみることによってハッキリするわけです。



家電・家具のお届けレンタルサービス【かして!どっとこむ】



「かして!どっとこむ」が選ばれる理由

・圧倒的なアイテム数
・格安のレンタル価格
・全国配送対応
・修理、交換、設置無料、クレーム迅速対応
・1品30日間からレンタル可能
・新品、中古品どちらでも選べる
・翌日配送対応可
・蛍光灯など消耗品は無料提供
・1週間以内のサイズ変更可能
1番人気は家電四点セット!


一人暮らしの人気4大商品お得セットが人気。
新品と中古が選べます。

アイテムごとのカテゴリーはもちろん。
社会人の一人暮らし、学生の一人暮らし、2~3人での暮らし、3~3人での暮らしなどなど、様々なライフスタイルから選ぶことができます。

引っ越しの際に荷物は少なく、費用を抑えた方法を選ぶには持って来いのサービスと言えます。

新生活の家具家電はレンタルがお得!
他社を圧倒する安さ、品揃えをご確認ください。
家具家電レンタルのかして!どっとこむ

スポンサーリンク

引越し代は業者に頼むと半数以上が5万円以上、自力の場合は9割が3万円以下

引越し専門業者を利用して引越しをした人は一体どのくらい費用が掛かるのか。
パーセンテージで見ていきましょう。

引っ越し専門業者を利用して荷物を運ぶのにかかった費用

1位:3万円~5万円(26.2%)
2位:10万円以上(22.0%)
3位:7万円~10万円(18.3%)
4位:1万円~3万円(15.2%)
5位:5万円~7万円(14.7%)
6位:1万円以下(3.6%)

引っ越し専門業者に頼んだ場合、5万円以上かかった人は5割以上存在します。



自力で荷物を運ぶのにかかった費用

1位:1万円以下(69.3%)
2位:1万円~3万円(19.7%)
3位:3万円~5万円(7.1%)
4位:5万円~7万円(1.7%)
5位:10万円以上(1.3%)
6位:7万円~10万円(0.9%)

自力で引っ越した場合、約9割の人が3万円以下で収まったのが分かります。
しかし、自力で10万円以上かけた人も。
引っ越し業者に頼んだ方がいいと思うのですが・・・のっぴきならない事情でもあったのでしょうか。

しかしこればっかりは、どこからどこまで引っ越すのか、荷物の量にもよりますからね。



全国レンタカー最安値比較・予約ポータルサイト【レンナビ】




全国のレンタカー最安値比較・予約サイトのレンナビ。
参加レンタカー会社数50社以上の国内でも最大級のレンタカーポータルサイトで、各レンタカー独自の魅力あるプランや格安キャンペーンが盛りだくさんなので、自力での引っ越しをお考えならチェックです!

全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

スポンサーリンク

まとめ

自力で引っ越す際に困るのは、家具家電の運搬、人員確保、割れ物の梱包、梱包材の手配、車の手配です。
安く済ませるには仕方がないですが、引っ越し業者を頼むにしろ、自力で運ぶにしろ、最低限の荷物にとどめ、後で必要な物を揃えるのが引越し費用を削減する一番重要なファクターと言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
部屋を借りよう
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント