【引っ越しのコツ】引っ越しの際に出る不用品「売る方法&捨てる方法」

スポンサーリンク
スポンサーリンク


どうも、レオンです。

着々と引っ越しのシーズンが近づいてきました!
今回はいち早く「引っ越しのコツ」の数々をご紹介!

引っ越しとなると、多くの不用品が出てしまいますね。
ものによっては高く売れたり、逆に処分にお金がかかってしまったり。
今回は不用品処分で少しでも利益を出す方法、不用品処分を安くすませる方法などをご紹介します。



処分費用を抑えたいなら自治体の粗大ゴミ回収に

まずは男性。
結構困るのがミニカー・ラジコン・プラモデル・鉄道模型など乗り物ホビーの処分
売れるものは売りましょう。



楽器の処分も困ります。
趣味で始めようと思い、買ったのはいいけど諦めてしまう人は結構多いです。
売っちゃいましょう。



あとは男女共通。
ゲームなども売っちゃいましょう。



ビジネス書・専門書・実用書等も用済みなら売りましょう。



売れない洋服や本、食器など生活のこまごまとしたものは、自治体の可燃ゴミ、不燃ゴミ、資源ゴミの日にコツコツと捨てましょう。

家具、ふとん、カーペット、自転車、掃除機などの粗大ゴミは、お住まいの地域の自治体のホームページや電話から申し込めます。基本的には有料回収となり、大きなゴミになればなるほど手数料は高くなりますので計算を忘れずに。

手数料として粗大ゴミ処理券をコンビニなどで購入、それを粗大ゴミに貼り付け、回収日に指定された場所に運びます。時間はかかりますが、不用品の処分を安くすませたいなら自治体回収の粗大ゴミに出すのがおすすめです。

テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫は家電量販店に頼む
テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫の4家電は「家電リサイクル法」の対象になるため、自治体で粗大ゴミとして回収することができません。購入した家電量販店に問い合わせて引き取ってもらいましょう。



引っ越し業者に頼んで引き取ってもらう

とにかく簡単に処理したい場合は、引っ越し業者に頼んで引き取ってもらうことも可能(業者によって異なるので要確認)です。見積もりの段階で、処分したいものの引き取り額も含めて算出してもらうとスムーズでしょう。



ちなみに引っ越し業者に不用品処理を依頼すると、場合によっては自治体の粗大ゴミ回収にかかる金額より安くなることもあります。処分するものを引っ越し料金とまとめることで、割引して計算してくれるからです。ひとまず見積もりだけでもしておくのは、いいかもしれません。



不用品を売って利益を出す方法

引っ越しの際の不用品を売るのは、これまでリサイクルショップが定番でしたが、最近はフリマアプリなどを利用する人も多いようです。特に、ブランド物の洋服や鞄などは高く売れるかもしれません。時間に余裕のある人は、いろいろ試してみてもいいでしょう。

■オススメ!かんたん宅配収納・フリマアプリ 販売手数料無料 【トランク】


まとめ

まずは売れるものをフリマアプリなどで売り、売り切れなかったものを自治体のゴミ回収に。
それでもまだ残ったら引っ越し業者に引き取りの相談をしてみるのが、理想的な不用品処分の順番のようですね。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
部屋を借りよう
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント