【間取りや部屋の造り】どんな部屋がいいの?失敗しない部屋選び!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、レオンです。
今まで『初期費用』『支払うべき料金と場所選び』『訳あり物件』についてお話をしてきました。

今回は『間取りと、失敗しない部屋選び』についてお話をします。

スポンサーリンク

どんな間取りがいいだろう?

これはですね・・・お金に余裕があるのであれば
綺麗なリビングがあって広い寝室があって
客室に使える部屋があってウォークインクローゼットがあって
ゆとりのあるベランダがあって、お風呂とトイレは別々で
キッチンも広い方がいいですし玄関も廊下も広い方がいい。
高層階がいいですよね・・・言い出したらキリがありません。

しかしながら、誰もが高額を出して良い部屋に住めるわけではありません

それに、必要以上に家賃に費用を充てて
他の生活面で金銭的に困窮することになるとしたら本末転倒です。



『住めば都』

誰が言い出した言葉なのか分かりかねますが、よく言ったものです。

個人的には必要最低限でいいと思います。

前回の記事を見た方は「あなたの部屋は必要最低限以下じゃないか」と思われるかもしれませんが
それをカバーする方法やアイテムは沢山あります。
(長くなるので、それについては後々お話します)

一人暮らしであればワンルームでいいと思うんですよ。

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~



キッチンは必須です。

あとは、お風呂とトイレの問題ですが
超格安物件になると、共同トイレで風呂無しという物件が今も存在します。
共同トイレはまだ我慢できても
銭湯が激減している昨今、風呂無しはきついです。

僕の部屋はユニットバスです。
本当は別々の方がいいのですが
一緒なら一緒で、逆転の発想になりますが『同時に掃除』が出来ます。
お風呂用のスプレータイプの洗剤で一気に済ませられます。

スポンサーリンク

収納スペースについて

備え付けのクローゼット、押し入れ。
欲しいですよね。

ですが、僕の経験談になりますが収納スペースに甘えがちになるんですよ。

収納スペースに甘えないこと!

要するに、最初から収納スペースがあると
暮らしているうちに、どんどん押し込んじゃうんです。
急な来客がある時は特に顕著で、慌てて雑誌やら洋服やら何かと雑多に突っ込んじゃうんです。
『臭いものに蓋』そのものの行為です。

もちろん、まめに整頓しながら上手に使えればあったほうがいいです。

よく、クローゼットに限らず冷蔵庫などもそうですが
100円グッズを使いながら細かく収納する方々を紹介していますよね。

最初は出来ても普通の人は続かないと思います。

特別だからテレビで取り上げられると僕は考えますし
僕には真似できません。続きません。

僕は、決して特別な目線ではなく皆さんの目、つまり等身大でお話をしています。
必要な時に必要な物を買う、用意するというのがいいと思っていますし
無駄な出費を避けられます。



どんなに頑張っても収納がキツイという方にはこんな裏技も

サマリーポケット


スポンサーリンク

何階に住めばいいでしょう?

もちろん上層階に住みたいですよね。

部屋からの眺めだったり防犯上の問題だったり。
大事な事です。

決して1階はおすすめしません。

眺めや防犯の問題以外に見落としがちな点があるのです。

湿気の問題です。

僕は1階に住んでいるのですが
1階に住んで初めて気が付きました。

お風呂のカビの生え方が尋常じゃない!

部屋の湿気に関しては換気を心掛けるなり
エアコンを除湿にするなりで解決できますが
1階のお風呂の湿気問題を解決するには
お風呂の換気扇を24時間回しっぱなしにしなければいけません。
電気代に優しくないです。

1階に住むメリットは
下の階への足音を気にしなくていい点と
重い荷物を運ぶ時に階段を昇らなくていい点くらいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

・一人暮らしはワンルームで充分(無理しない)
・備え付けの収納スペースに甘えず上手に使う(収納が無いなら収納アイテムを)
・1階は防犯の問題以外にカビの問題がある

高級マンションの最上階。
憧れますよね。
お手伝いさんなんか雇ったりして。
いつかそんな部屋に住める日が来ればいいなと強く思う今日この頃です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク
部屋を借りよう
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント