【冬到来!】旅行に行こう!でもお金がない!そんな方におすすめの『リゾートバイト』

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは、レオンです。
いや~冬ですね。

気付いたら冬!

今年も残りわずかですよ。
今年はどんな年でしたか?

「楽しい一年だった!」
「パッとしない一年だった」
「ウンコが屁こいたようなバカみたいな一年だった」

様々でしょう。

冬と言ったら長期休暇じゃないですか。
チャンスですよ!

旅行にでも行きたいですよね。

・旅行に行きたいけどお金がない!
・お金はあるけど旅行に行く時間がない!

今回はその前者、つまり「旅行に行きたいけどお金がない」人へ向けたご提案です。

方法は簡単。
旅行感覚でバイトすればいいんです。

というわけで、リゾートバイトのご紹介です。



僕のバイト経験とリゾートバイトを比べてみた

僕も学生時代にいろいろなバイトをしてきました。
まず最初にやったのが中学生の時の新聞配達。

きつかったですよ。
朝早いのも辛いんですけど、そこは仕事なので仕方がないとして
何といっても『孤独』が辛い。

最初は大人の人と一緒に回るんですが、配達先を覚えたらそこからは一人。
雨の日も風の日も、暑い日も寒い日も一人。
ひたすら一人。

一人は嫌だったので、今度は高校生になってから建設現場で土木のバイトをしました。

それは一人じゃなかったんですけど、周りを見渡せばおっさんばかり。

いかついオッサン。
汚いオッサン。
これから仕事なのに朝から焼酎を飲んでるオッサン。

キツイ・・・何かいろいろ残念でキツイ。

冬休みに入った頃に社長に「今日は山に行ってもらう」と言われましてね。
バンに例のオッサン達と一緒に詰め込まれて、雪深い山奥に連れていかれたんですよ。

工場の建設で、散々こき使われましてね。
酒飲んでるオッサンにですよ?
楽しみなんて皆無!

もう逃げようかと思ったんですけど、山奥だし運転できないし、仕方なく耐えましたよ。

そうだ!リゾートバイトのお話でしたね。

その点、リゾートバイトはいいですよ。
当然、仕事なので仕事はします。(当たり前)

旅行感覚で行けるからいい!

今の時期からだと、スキー場とか

温泉がまず頭に浮かびますね。

他にもありますけど。

何て言ったってリゾートバイトに汚いオッサンはいないし、朝から酒を飲んで仕事をするオッサンはいないし、同年代の仲間が出来るじゃないですか。
友達同士で応募して行ってもいい。

仕事の合間は仲間たちと遊べますし、休日は観光ができる。
近場じゃないなら、その土地のグルメを楽しむこともできる。



旅行感覚でお金が貰えるんですから。
(※お金を頂く以上お仕事はちゃんとしなきゃいけません)

フリーターの方はもちろん、学生さんに人気なので、現役の学生さんには特におすすめです。

それでは具体的にご紹介していきましょう。

みんなのリゾートアルバイト【はたらくどっとこむ】

はたらくどっとこむというサイトでは、全国各地リゾート地での住み込みのアルバイトを多数ご紹介しています。
きっと希望に沿ったバイトが見つかると思いますよ!



はたらくどっとこむの特徴
・リゾート地専門の派遣会社の中では日本最大級のネットワーク
・クライアント数、案件数、登録者数は全国トップクラス
・ほかの派遣会社よりスタッフのフォローが手厚い
・案件数は非公開分含めいつの時期でも概ね2000件以上
・「アナタだけの上京体験」トーキョー90DAYSや、「資金・語学力ゼロでOKの留学プラン」ZEROから留学など、リゾートバイト以外の挑戦も幅広くサポート。

リゾートバイトの魅力

はたらくどっとこむリゾートバイトの魅力
・リゾートバイトでは、寮費・光熱費・食費が基本的にはかかりません。貯金目当ての方に非常におすすめです。
・全国各地からスタッフが集まるので、さまざまな出会いにも期待!
・リゾート地なので休日は観光やグルメも堪能できます!
・期間を区切ってお仕事ができるのもリゾートバイトの魅力。
・3カ月ほどの案件が多いですが、GW・年末年始・お盆などの短期や、長期の案件も幅広く取り揃えています。
・経験不問の案件が多数ですので、幅広くお仕事のご紹介が可能です。
・「あなたの夢アプリが叶えます!キャンペーン」や「リゾートバイト体験談で5000円もらえるキャンペーン」など、コンテンツの内容も盛り沢山。

いかがでしょうか!
せっかくの時間をただボーっと過ごすのは勿体ない。

↓リゾートバイトはこちらからチェック。
アルバイトの検索なら【はたらくどっとこむ】






以上、リゾートバイトのご提案でした!
楽しい冬をお過ごしください。



スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ生活
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント