【これでバッチリ】引越し後に部屋が散らかる人の原因を探る&対策

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、レオンです。
引っ越しシーズン真っ盛りですね。

業者さんも大忙し。

新生活のために新居に引っ越す人。
大学を卒業して地元に引き返す人。

同時多発するのがこの季節。

引越と不用品買取なら[トレファク引越]



どちらも引っ越すことに変わりはないのですが、引っ越してからすぐにピカピカの新生活が始まるかと思えばそうじゃない。

段ボール、山積みじゃないですか?

そう!
「部屋が散らかる人」に共通して言えるのが「荷造り」の問題なのです。

今日はそんなお話。



引っ越しは事前の準備でほぼ決まるとも言われている

新居に運び込まれて積まれた段ボール箱の山。
見るだけで嫌になってませんか?

「大丈夫だよ!平気平気!速攻で綺麗にするから」という方はこの記事を読む必要はありません。

しかし現実として、荷ほどきをして日常生活を回せるようには結構な手間と時間が掛かる。
ヘトヘトになって「もういいや」と荷ほどきを先送りすると詰みます。

その間にも時間は刻々と過ぎていき、やることも必然的に増えていく。

引っ越し業社のキャラクターが入った段ボールがあちこちに山になっていて全然落ち着かないし、このままじゃ友人も呼べやしない。

引っ越しの前に前もって考えておく必要があります。

・使い方に沿って必要なものごとに箱詰めする
・部屋について、どのように過ごす場所なのか決める
・使い方に沿って家具の場所を決める

当然、部屋の内見は済ませているはずなので出来ることです。
内見の際に部屋の写真を撮っておいて、間取り図と併せて考えておくとバッチリです。



引っ越し後は?

引っ越しが決まると、しなければならない手続きもありますし、送別会などもあるでしょう。
時間や心に余裕がなくなりがちです。

気が付いた頃には「とりあえず目の前のものを段ボールに詰めていこう」という心理が働く。

引っ越し後も「とりあえず」という感じで適当に家具の置き位置を決めてしまいます。
すると、引っ越した先で「あれはどこに入れたっけ?」「なんでこんな使いにくい所にこれを置いてしまっただ」と困ることになります。

そこで大事なのが「メリハリ」です。

・食器や書類など「アイテム別」に分ける
・衣類など量の多いアイテムは「使用頻度ごと」に分ける

しかし厄介なのが「使うわけではないけれど手放すことのできないもの」です。

卒アルや手紙などの思い出グッズ。
大事ですけど使う機会はあまりない・・・。

そういったものは、一つの箱にまとめておけばいい。
所謂「開かずの箱」と言われる箱です。

そういった使わないけど手放すことができない思い出グッズだけは箱に入れっぱなしでいいと思います。
そして、収納の片隅にでも置いといて、また引っ越す際にそのまま運んでしまえばいい。

流れ者のような存在になってしまいますが仕方ありません。

サマリーポケット



とりあえず引っ越し後に大事なのは「大きな家具は置き場所を間違えないこと」です。

これが一番大事だと考えます。
取り返しがつかない状況になりかねませんからね。

取り返そうと思う気力すらなくなるかもしれない。

あとは、ベランダの近くに洗濯物を収納するチェストを配置したり。
収納のどこに何を入れるかを考えておけば、あとは調整がききます。

大きくて一人で動かすのが苦労する家具の位置だけは決めておきましょう。
無理をして一人で動かそうとすると壁や床に傷をつけてしまうかもしれません。



ものを逃す場所を確保する

普通に暮らしていけば、おのずと部屋は荒れていきます。
理想のイメージを大切に、出来ることならスッキリとシンプルに暮らしたいものです。

部屋を「予備の物、保管品の逃がし場所」としてしっかり活用するのが大事。

ちょっとオシャレな、ちょっとした収納ラックなどを上手でも下手でもいいので使っていきましょう。
ほんの少しのアレンジで使い勝手が大きく変わってきます。

エアリゾーム インテリア 本店



「そのうち何とかなる」という淡い希望的な考えだけでは、忙しい毎日の中残念ながらなかなか叶いにくいのが現実です。

「そのうち」という考えは捨てましょう。
既に書いた通り、新生活では嫌でも日々やることが増えていきます。

行動は大事です。



まとめ

引っ越しには気力も体力も使います。
引っ越す前の荷造り、引っ越し後の荷ほどき。
家具の配置。

必要なものは柔軟に用意する。

「そのうち」という考えは捨てて行動する。

当たり前のようなことですが、そんな当たり前のことがなかなか出来ないのが一人暮らし。

「もうイヤだー!」とか「もう遅いよ!」という方は業者さんに頼むのも一つの手です。
最近ではサービスの内容も向上していますし、ユーザーも多いですからね。

ダスキンのメリーメイド



既に東京では開花宣言が出されました。
みなさんの新生活を心から応援しています♪



スポンサーリンク
スポンサーリンク
オシャレ生活
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント