【Nintendo Labo】工作×ゲームという新感覚「ニンテンドーラボの魅力」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どうも、レオンです。
ビックリしました。

人は一生のうちに何度くらいビックリするんでしょう?
そういった統計は目にしたことも耳にしたこともないですが、とにかくビックリしました。

何がって。

ニンテンドーラボに決まってるじゃないですか。

またとんでもないものが発売されましたね。
任天堂は何歳まで僕らを遊ばせてくれるんでしょう。
一生なんでしょうね、きっと。

今日は「ニンテンドーラボ」のお話。

Nintendo Labo(ニンテンドーラボ)とは?

まず最初に工作を始める。
それが大前提となっている。

ゲームソフトはセット内容に入っている。(同梱されている)

工作とゲームの要素を交えたセットがニンテンドーラボだと言える。

ニンテンドーラボは現在3種類。

・バラエティキット
・ロボットキット
・ドライブキット

「バラエティキット」と「ロボットキット」は工作の難易度が高いとされているが、バリエーションに富んでいて充分な満足感。

今回は「ドライブキット」の話をしたいと思う。



ニンテンドーラボ。ますは工作!

ドライブキットの中身は「段ボール」「各部品」「ゲームソフト」が入っている。

まず段ボールを組み立てて、コントローラーを作る。
この時点でワクワクだ。

動画で観れる「動く組み立て説明書」を見ながら、わかりやすくストレスなく組み立てることが出来る。
ドライブキットで制作するのは全て乗り物。

出来上がったらジョイコンをセットして準備完了。
そして、その自分で作ったコントローラーでゲームをプレイしていく。



ニンテンドーラボ ドライブキット。いよいよゲームをプレイ!

Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit

価格:6,784円
(2018/12/16 23:25時点)
感想(6件)


ゲームをプレイしていくわけだが、思ったより本格的。

自分で作ったコントローラーにカギをセット。
アクセルを踏んでゲームスタートだ。

ハンドル操作で本格的に車を操作していく。

ハンドル以外にも操作はいろいろある。

紐を引くとダッシュ、離せばジャンプ。
画面に泥などが跳ねてきたらワイパーで除去。
アクションレバーを使ってノコギリやパチンコなど武器を使える。
ラジオだって聴ける!

素晴らしい!

おっと、ガソリン補給も忘れずに。
ハンドルやペダルの加減で本格的にガソリンスタンドに幅寄せして停車させる。

カギを差し替えれば潜水艦に変形できる。
水中はやっぱり潜水艦。

同様に飛行機にも変更可能。
大空を自由に飛び回れる。
飛行機にはミサイルが搭載されている。

これらの乗り物はいつでも乗り換え可能。

砂漠や雪山や街を旅するわけだが、もちろんただ乗り物に乗ってその世界を周るだけではない。

いろんなミッションが用意されている。
ヒッチハイカーだっている。

他にもあるが、是非あなた自身でプレイしてその世界を実感してほしい。



まとめ

コントローラーは「最初から用意されているもの」という規定概念を覆す新しいゲームの形を実現したキットです。
コントローラーを工作するということを今まで誰が考えただろう。

しかも楽しく工作できるからビックリ。

「ゲーム」という楽しみの前に、前菜のように「工作」が用意されている。

自分が作ったコントローラーだから愛着もひとしおだ。
そんな工作とゲームが合体したニンテンドーラボ。

どれを選ぶかはあなた次第です!

Nintendo Labo Toy-Con 01: Variety Kit

価格:6,784円
(2018/12/16 23:24時点)
感想(32件)

Nintendo Labo Toy-Con 02: Robot Kit

価格:7,128円
(2018/12/16 23:25時点)
感想(6件)

Nintendo Labo Toy-Con 03: Drive Kit

価格:6,784円
(2018/12/16 23:25時点)
感想(6件)





スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ生活
スポンサーリンク
この記事をシェアしよう
reonをフォローする
一人暮らし新書

コメント